規正法、早期改正に否定的=鳩山首相「各党で議論を」(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は5日午前、自らの資金管理団体の偽装献金事件などを受け、18日召集予定の通常国会で政治資金規正法を見直す可能性について、「(民主)党とよく調整する必要はある」としながらも、「今のところ、それは考えていないのではないか」と否定的な考えを示した。「政府というよりも、各党で議論する必要は常にあると思う」とも語った。首相公邸前で記者団の質問に答えた。
 平野博文官房長官も記者会見で、「民主党としての考え方はあるが、十分に各会派で議論をいただくことが前提だ」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト

Halliwellのブログ
としあきのブログ
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化 比較
無料携帯ホームページ
[PR]
by frjr7ynb2w | 2010-01-05 20:53