小沢氏聴取 自民党本部では大島幹事長が「お好み焼き」挑戦(産経新聞)

 24日の党大会を前に、全国から都道府県連幹部らが集まっていた自民党本部では23日、1階で野菜の即売会や焼きそば、豚汁などの屋台が並び、エプロン姿の大島理森(ただもり)幹事長がお好み焼きに腕を振るった。民主党の小沢一郎幹事長が東京地検の事情聴取を受けている最中だったが、自民党側の緊張感は今ひとつのようだ。

 党本部から徒歩で10分ほど離れたホテルでは、民主党の小沢一郎幹事長が東京地検の事情聴取を受けており、マスコミ関係者が多数集まるなど緊迫感に包まれていたが、自民党本部はのんびりムード。

 大島幹事長は集まった党員らを前に、「自民党にはこんな自由がある」と軽口を飛ばすと満面の笑みを浮かべて、お好み焼きの「返し技」に挑戦。鉄製のへらを使って上手にひっくり返すと、見ていたベテラン衆院議員が、「この調子で政権もひっくり返せるぞ」と合いの手を入れた。

 屋台では、石破茂政調会長がエプロン姿で豚汁を売りさば姿も。党幹部の浮かれムードに、居合わせた若手衆院議員は「味がうまいかが一番大事だ」と意味深長な一言をつぶやいた。

 肝心な谷垣禎一総裁は、自ら熱い豚汁をすするのに懸命だった。

【関連記事】
小沢氏らの議員辞職勧告決議案提出も検討 自民・大島幹事長
「小沢氏は説明責任果たせ」自民大島幹事長
自民、保岡興治氏擁立に慎重 大島幹事長が伝える
自民が2次補正予算案に反対へ 大島幹事長「明らかな判断ミス」
首相の偽装献金事件「幕引きどころか幕開いた」 自民・大島幹事長

小沢氏、土地購入原資4億円 「銀行破綻続き現金化」(産経新聞)
核不拡散強化を協議=アジア17カ国で国際会議(時事通信)
旧知の議員に「死にたい」 石川容疑者、不安漏らす(産経新聞)
<亀井金融相>政治資金規正法の緩和を(毎日新聞)
2次補正を可決=衆院予算委(時事通信)
[PR]
by frjr7ynb2w | 2010-01-26 21:58