外国人参政権「断固反対」 石破氏が表明 自民党大会(産経新聞)

 自民党の石破茂政調会長は24日の党大会で政策報告を行い、政府・民主党が通常国会に提出の方針を決めた永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について「憲法上の議論が多く残り、国民的議論も成熟していない。私どもは拙速な法案成立に断固反対する」と述べ、党として法案に反対する考えを表明した。

 また「(憲法上の)住民とは日本国民をさすと考えており、私どもは多くの疑義があると考えている。国の形そのものにかかわる問題だ」とも強調した。

【関連記事】
「進歩を目指す保守政党」 自民、党大会で新綱領発表
自民党新綱領の要旨
ノムさん自民党大会で講演、自民と楽天にチクリ
「互いに再生へ出発」 自民党大会で山口公明代表
政治の閉塞 平成の龍馬はいないのか 

元光GENJIメンバーを起訴=覚せい剤使用で−千葉地検(時事通信)
常総線踏切で列車と衝突、軽乗用車の女性けが(読売新聞)
燃えた新聞ポストに入れる=郵便法違反容疑で男を逮捕−警視庁(時事通信)
<再診料>時間外対応の診療所など加算 厚労省政務官が示唆(毎日新聞)
羽田空港で警備員に暴行、毎日新聞社員を逮捕(読売新聞)
[PR]
by frjr7ynb2w | 2010-01-28 16:00