継続使用の可能性も=普天間問題で外相(時事通信)

 岡田克也外相は1日夕、日本記者クラブで会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題について「望ましくはないが、他に(候補地が)なければ普天間が今のままということはあり得る」と述べ、ほかに移設先が見つからず、普天間の継続使用の可能性があるとの認識を明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜ゼネコン側、妨害恐れ献金〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

<水俣病>救済方針案の年齢制限に反対 未認定患者団体(毎日新聞)
虐待疑いの子、出席日数把握へ…海渡君事件受け(読売新聞)
<岐阜市長選>告示 無所属の4人が立候補 2月7日投開票(毎日新聞)
皮膚から神経細胞作製=iPS経ず、遺伝子導入で直接変換−マウスで成功・米大学(時事通信)
<日医会長選>京都府医師会の森洋一会長が立候補(毎日新聞)
[PR]
by frjr7ynb2w | 2010-02-06 14:13