カテゴリ:未分類( 74 )

 先月、東京都中央区の日本橋三越本店で開催された「第50回2009年報道写真展」には10日間で約5万人が来場してにぎわった。

 新聞各紙を飾った約280点のニュース写真を中心に、スポーツや連載・企画で掲載された写真がパネル展示され、新聞紙面とは違った迫力で来場者に写真の持つ力を訴えていた。今回の写真展では、天皇陛下ご即位20周年を記念して「皇室コーナー」が特設され、両陛下がオープニングに来場され、例年以上に注目が集まった。毎年この時期を楽しみにしているファンも増えている。

 写真展を主催するのは新聞・通信・放送34社が加盟する東京写真記者協会で、現在606人のスタッフカメラマンが所属している。

 彼らは国内外のニュースを読者により早く、正確に伝えるため、現場で常にしのぎを削り合っている。それと同時に、年末に開催される1年を振り返る写真展に、自分の撮った写真が「作品」として展示されることも大きな目標といえるかもしれない。年間1万2千点の応募作品のうち、選ばれるのはほんのひと握り。約60倍の狭き門をくぐり抜けた「プロ中のプロ」の写真として飾られるからだ。その中から、より優れた作品には写真記者協会賞のほか、ニュース、企画、スポーツの各部門賞などが与えられる。

 昨年、報道展実行委員の一人として写真選考に初めて参加し、各紙を飾ったえりすぐりの写真をじっくり見る機会に恵まれた。選考に関しては、ライバル社の垣根はなく、公平な目で月ごとのベストショットを選んでいく。その選考過程で感じたのは、一瞬の表情や動き、現場の臨場感をそのままストレートに伝える写真は迫力があり、報道写真の原点ではあるが、ニュースの裏側に潜む問題点をじっくり掘り下げて考え、表現した写真が各紙とも増えてきたことだ。デジタルカメラの普及で誰もが簡単に写真を撮れる時代になった今、メッセージ性の強い企画力や斬新な写真表現がこれからの新聞写真に求められるのだろう。

 報道写真の持つ魅力は、まだまだ捨てたものではないという気持ちを新たにした。

                   ◇

 「2009年報道写真展」は9日から、横浜市中区の日本新聞博物館(TEL045・661・2040)で再び開かれています。3月22日までです。ご都合がつけば、一度、ごらんになっていただきたいと思うのですが…。(写真報道局部次長 大井田裕)

お茶が大好き
ひであきのブログ
無料携帯ホームページ
パチンコ攻略
クレジットカード現金化
[PR]
by frjr7ynb2w | 2010-01-12 11:22
 来年度の診療報酬の改定率は、薬価・材料価格を1.36%引き下げる一方、医科、歯科、調剤で構成される本体部分を1.55%引き上げ、診療報酬全体では0.19%引き上げる形で決着した。診療報酬本体と薬価・材料価格を合わせた全体での引き上げは、2000年度改定以来10年ぶり。中央社会保険医療協議会(中医協)は、基本方針と改定率に沿って具体的な点数配分をめぐる議論を年明けから本格化させる。12年度に予定されている診療報酬・介護報酬の同時改定の「前哨戦」とされる来年度の報酬改定では、病院と診療所の再診料の見直しなどが焦点になる。

【複数の写真が入った記事】


■医科1.74%、歯科2.09%、調剤0.52%のプラス改定
 来年度の本体部分の改定率の内訳は、医科1.74%、歯科2.09%、調剤0.52%。一方、薬価は1.23%、材料価格は0.13%引き下げる。本体部分1.55%の引き上げは、医療費に換算すると約5700億円に相当。民主党の政権公約(マニフェスト)を反映し、特に医科の入院を3.03%引き上げ、配分を手厚くする。来年度の報酬改定では「救急、産科、小児、外科等の医療の再建」や「病院勤務医の負担軽減(医療従事者の増員に努める医療機関への支援)」などが重点課題に位置付けられており、今後は点数を引き下げる領域を検討し、財源のさらなる捻出を図る。急性期入院医療におおむね4000億円程度を注ぎ込む。

 改定率の決定は、12月23日までずれ込んだ。
 長妻昭厚生労働相や足立信也政務官が医療費増の必要性を早くから強調するなど、当初は来年度の改定率引き上げは既定路線かと思われた。しかしその後、財務省側が巻き返しを図った。行政刷新会議の事業仕分けで、収入が高い診療科の報酬見直しなどを主張すると、11月19日には、診療報酬本体部分の増減率を「最大0%」とする方針を発表した。
 背景には、財源不足の問題がある。民主党がマニフェストに掲げた政策を実現しようと、各省庁の来年度予算の概算要求は最終的に、過去最大規模の92兆円台に膨らんだ。

 診療側「(病院に財源を回した)08年度の診療報酬改定では不十分だった」
 支払側「医療経済実態調査の結果からも、医療機関の経営は改善されている」
 12月9日の中医協・総会では、来年度の診療報酬改定に対する中医協としての意見書を取りまとめる予定だったが、医療費全体の底上げを主張する診療側委員と、底上げに慎重な支払側委員の隔たりが埋まらず、意見書提出は見送られることになった。中医協が診療報酬改定に対する意見書の提出を見送ったのは2000年度改定以来10年ぶりで、04年に実施された「中医協改革」後では初めてのことだった。

 中医協による意見書については、11月25日と12月4日の総会でも話し合われたが、意見がまとまらず、結論は9日に持ち越しとなった。診療側は、この日に新たに提出した意見書の中で、昨年度の診療報酬改定で取られた病院への支援策について、「社会保障の伸びの削減政策の中で策定された診療報酬上の対応は十分ではない」「公私を問わず病院の経営状態の悪化はより深刻になっている」などとして医療費全体の底上げを改めて主張したが、支払側は「この段階で新たに意見書を出すのは後出しだ」と反発。公益側が「調停」を試みたが、結局断念した。

■12年度同時改定の「前哨戦」
 診療報酬改定の基本方針と改定率が決まったのを受けて、年明けからは中医協による点数配分をめぐる議論が本格化する。診療報酬の改定案を長妻厚労相が中医協に諮問するのは1月中旬ごろで、それ以降に点数配分の議論に入る。診療報酬改定に国民の意見を反映するため、答申までには地域公聴会や、中医協が取りまとめる改定案への意見募集なども実施する。

 中でも病院関係者の注目を特に集めているのがDPCの取り扱いだ。来年度の報酬改定では、DPC対象病院に適用されている現在の調整係数を一部廃止する。DPC対象病院の調整係数は、前年度の収入実績を担保する仕組み。厚労省は、来年度以降最低3回の報酬改定で調整係数を段階的に廃止する一方、これに代わる「新機能評価係数」を導入する。

 これまでに来年度の導入が決まっている新係数は、「DPC病院として正確なデータを提出していることの評価(データ提出指数)」や「救急医療の入院初期診療に係る評価(救急医療指数)」の4項目。
 このうち救急医療の入院初期診療に関しては、「救急医療指数=救急車ありまたは入院初日の初診料において時間外・休日・深夜加算ありのDPC対象患者数/DPC対象患者数」を評価の根拠にする。つまり、DPC対象患者の中に、「救急車あり」か「入院初日の初診料で時間外・休日・深夜加算あり」の患者がどれだけいるかが評価の分かれ目になる。
 調整係数から新係数への切り替えは、DPC対象病院を一律に評価してきたこれまでの扱いから、DPC対象病院の機能に応じて評価する形への転換を意味する。

 こうした方針は、出来高の入院基本料に関しても同じだ。病院団体などが主張する入院基本料の一律引き上げに対し、これまでのところ厚労省側は慎重な姿勢を示している。DPC新係数と同じように、入院基本料についても一律底上げではなく、病院の機能に応じて加算で評価すべきという考えがあるとみられる。

 「3年後(12年度)の診療報酬、介護報酬の同時改定で、かなり大胆に物事が進むのではないか」―。厚労省保険局医療課の当時の担当者は、6月に東京都内で開かれたセミナーでこう述べ、来年度の診療報酬改定を同時改定に向けた「前哨戦」と位置付けた。実際、来年度よりもむしろ、3年後に早くも照準を合わせる医療関係者も多い。

■病院と診療所の再診料を統一へ
 中医協のこれまでの議論では、中小病院や診療所が算定する再診料が俎上に上っている。12月16日の診療報酬基本問題小委員会では、病院と診療所の再診料を来年度に統一することで合意した。
 これ以外に、診療科ごとの再診料の見直しも論点になっていたが、少なくとも来年度は実施しないことになった。

 診療所の点数を引き下げるか、病院の点数を上げるか、あるいは両者の中間で統一するのか―。病院と診療所の再診料をめぐる議論は、年明けから本格化する。
 厚労省の担当者は16日の基本小委終了後、「支払側と診療側は、おそらく違う意味で納得して帰ったと思う」と記者団に漏らした。

 政権交代に伴い、中医協では委員の任期切れに伴う後継人事がなかなか決まらず、報酬改定をめぐる議論が9月30日から約1か月間ストップ。この間の遅れを取り戻そうと、再開後は午前9時に開会。会場には毎回、早朝から傍聴希望者が詰め掛けた。傍聴席の獲得競争は年末に近づくにつれてエスカレートした。

 12月9日の薬価専門部会では、来年度の薬価制度改革がテーマになり、行列の先頭となった傍聴希望者が会場に到着したのは、午前5時半だった。16日の基本小委では、厚労省がこの日からラジオでの音声中継を試験運用したいと提案したが、診療側から反対意見があり、結局見送られた。


【関連記事】
「診療報酬の配分見直しとセットでネットプラス生かす」―長妻厚労相
診療報酬改定で急性期入院に4千億円投入へ
診療報酬全体0.19%引き上げへ、大臣折衝で合意
診療報酬改定率めぐる折衝、「きょうが山場」―山井政務官
診療報酬の改定率、決着は21日以降に

お父さん犬物語
海賊王に俺はなる
2ショットチャット
現金化口コミ
ショッピング枠現金化
[PR]
by frjr7ynb2w | 2010-01-09 12:50
 5日午前4時40分ごろ、大阪府茨木市永代町の府道道交差点で、同市庄の毎日新聞配達員、松本友子さん(59)が乗った自転車がワゴン車と接触、松本さんは全身を強く打って、まもなく死亡した。

 府警茨木署は、自動車運転過失傷害の疑いで、ワゴン車を運転していた摂津市鳥飼本町の会社員、井上利寛容疑者(34)を現行犯逮捕した。調べに対し、井上容疑者は「女性を見つけたが、避けきれなかった」と供述しているという。

 同署によると、現場は見通しのよい信号交差点で、事故原因を調べている。

【関連記事】
庭から飛び出し? 小4女児、パトカーにはねられ重傷
路上に血痕、ひき逃げか 15キロ離れた橋に変死体
踏切に座っていた女性はねられ死亡 熊谷
トラブルで車外へ?首都高で男性はねられ死亡、5人軽傷
酒気帯びで2人はねる 「同僚と飲み…」容疑の会社員逮捕

まさおのブログ
にゃんどる
債務整理無料相談
パチンコ攻略
無料ホームページ
[PR]
by frjr7ynb2w | 2010-01-07 22:40
 鳩山由紀夫首相は5日午前、自らの資金管理団体の偽装献金事件などを受け、18日召集予定の通常国会で政治資金規正法を見直す可能性について、「(民主)党とよく調整する必要はある」としながらも、「今のところ、それは考えていないのではないか」と否定的な考えを示した。「政府というよりも、各党で議論する必要は常にあると思う」とも語った。首相公邸前で記者団の質問に答えた。
 平野博文官房長官も記者会見で、「民主党としての考え方はあるが、十分に各会派で議論をいただくことが前提だ」と強調した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」
厚労省に葬られた民主党マニフェスト

Halliwellのブログ
としあきのブログ
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化 比較
無料携帯ホームページ
[PR]
by frjr7ynb2w | 2010-01-05 20:53