<   2010年 01月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 文字・活字文化推進機構や活字文化議員連盟など3団体は27日、東京都内で集会を開き、「国民読書年」の活動開始を宣言。今年を「国民の文字・活字文化への関心を呼び戻す出発点」とするアピールを採択した。

 集会には、議員連盟の新会長に決まった民主党の山岡賢次・国対委員長や、国民読書年推進会議代表を務める建築家の安藤忠雄さんら200人を超える関係者が出席。推進機構会長の福原義春・資生堂名誉会長は「本離れは日本文化の基礎の崩壊につながる。国民読書年は危機的な状況を打開する初めの年」とあいさつした。

【関連ニュース】
資生堂:米大手ベアエッセンシャルを買収
宮崎女子ロードレース:初出場の勝又がV ハーフマラソン
小栗旬:マンション購入?「シューシュー」 妻夫木、瑛太、春馬と再集結「uno フォグバー」
ICONIQ:話題の女性シンガーが初ステージ 資生堂「マキアージュ」新CM発表会
FLOWERS:蒼井、竹内、広末ら「TSUBAKI」CMの女優6人が映画で共演

<練習船沈没事故>漁船船長位置に気付かず 運輸安全委報告(毎日新聞)
大学山岳部の「冬訓練」再開へ…国立登山研修所(読売新聞)
<鹿屋市長選>会社社長の嶋田芳博氏が初当選(毎日新聞)
<ハイチ大地震>「救援自体が混乱」国際赤十字会長が帰国(毎日新聞)
「鳩山vs谷垣」初対決…偽装献金・小沢氏問題(読売新聞)
[PR]
by frjr7ynb2w | 2010-01-31 03:38
 川口署は22日、県迷惑行為防止条例違反の現行犯で、自称川口市南前川の無職、椿原憲和容疑者(40)を逮捕した。

 調べでは、椿原容疑者は22日午後10時ごろ、川口市西川口の県道で、私服で警戒中の機動捜査隊員に「おっぱいどうですか。40分7000円で飲み放題」などと声をかけ、客引きをした。

 川口署によると、椿原容疑者は「勤めていた風俗店が閉鎖してしまったのでやった」などと供述しているという。

【関連記事】
立ちはだかり、つきまとい…執拗な客引き容疑で3人逮捕 東京・町田
客引き容疑の男逮捕 「一緒にキャバクラ行く人探してた」と否認
「本番ですよ。1万2000円です」警察官に客引きの男逮捕
「スーパースター」店長、風営法違反容疑で逮捕
「1時間3000円」 警官を客引きした男逮捕

取り調べ録音テープ再生始まる 第4回公判で 宇都宮地裁(産経新聞)
小沢幹事長 4億円の原資どう説明…23日に任意聴取(毎日新聞)
<参院選>社民党が埼玉、大阪選挙区に公認候補(毎日新聞)
アザラシひょっこり、旭山動物園に「流氷広場」(読売新聞)
親権一時停止を提言=虐待防止へ民法改正−法務省研究会(時事通信)
[PR]
by frjr7ynb2w | 2010-01-29 18:07
 自民党の石破茂政調会長は24日の党大会で政策報告を行い、政府・民主党が通常国会に提出の方針を決めた永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について「憲法上の議論が多く残り、国民的議論も成熟していない。私どもは拙速な法案成立に断固反対する」と述べ、党として法案に反対する考えを表明した。

 また「(憲法上の)住民とは日本国民をさすと考えており、私どもは多くの疑義があると考えている。国の形そのものにかかわる問題だ」とも強調した。

【関連記事】
「進歩を目指す保守政党」 自民、党大会で新綱領発表
自民党新綱領の要旨
ノムさん自民党大会で講演、自民と楽天にチクリ
「互いに再生へ出発」 自民党大会で山口公明代表
政治の閉塞 平成の龍馬はいないのか 

元光GENJIメンバーを起訴=覚せい剤使用で−千葉地検(時事通信)
常総線踏切で列車と衝突、軽乗用車の女性けが(読売新聞)
燃えた新聞ポストに入れる=郵便法違反容疑で男を逮捕−警視庁(時事通信)
<再診料>時間外対応の診療所など加算 厚労省政務官が示唆(毎日新聞)
羽田空港で警備員に暴行、毎日新聞社員を逮捕(読売新聞)
[PR]
by frjr7ynb2w | 2010-01-28 16:00
 24日の党大会を前に、全国から都道府県連幹部らが集まっていた自民党本部では23日、1階で野菜の即売会や焼きそば、豚汁などの屋台が並び、エプロン姿の大島理森(ただもり)幹事長がお好み焼きに腕を振るった。民主党の小沢一郎幹事長が東京地検の事情聴取を受けている最中だったが、自民党側の緊張感は今ひとつのようだ。

 党本部から徒歩で10分ほど離れたホテルでは、民主党の小沢一郎幹事長が東京地検の事情聴取を受けており、マスコミ関係者が多数集まるなど緊迫感に包まれていたが、自民党本部はのんびりムード。

 大島幹事長は集まった党員らを前に、「自民党にはこんな自由がある」と軽口を飛ばすと満面の笑みを浮かべて、お好み焼きの「返し技」に挑戦。鉄製のへらを使って上手にひっくり返すと、見ていたベテラン衆院議員が、「この調子で政権もひっくり返せるぞ」と合いの手を入れた。

 屋台では、石破茂政調会長がエプロン姿で豚汁を売りさば姿も。党幹部の浮かれムードに、居合わせた若手衆院議員は「味がうまいかが一番大事だ」と意味深長な一言をつぶやいた。

 肝心な谷垣禎一総裁は、自ら熱い豚汁をすするのに懸命だった。

【関連記事】
小沢氏らの議員辞職勧告決議案提出も検討 自民・大島幹事長
「小沢氏は説明責任果たせ」自民大島幹事長
自民、保岡興治氏擁立に慎重 大島幹事長が伝える
自民が2次補正予算案に反対へ 大島幹事長「明らかな判断ミス」
首相の偽装献金事件「幕引きどころか幕開いた」 自民・大島幹事長

小沢氏、土地購入原資4億円 「銀行破綻続き現金化」(産経新聞)
核不拡散強化を協議=アジア17カ国で国際会議(時事通信)
旧知の議員に「死にたい」 石川容疑者、不安漏らす(産経新聞)
<亀井金融相>政治資金規正法の緩和を(毎日新聞)
2次補正を可決=衆院予算委(時事通信)
[PR]
by frjr7ynb2w | 2010-01-26 21:58
 経済成長が優先されるアジア諸国でも、市民の環境意識が高まっていることが、博報堂の調査で分かった。温暖化など地球規模の環境問題よりも、大気や飲料水の汚染など身近な環境問題に関心が高い傾向がみられた。

 調査は昨年5〜7月、北京、上海、インド・デリー、シンガポールなどアジア主要15都市の約1万人(15〜54歳)に面接で行った。

 環境問題に関心があると回答したのは、15都市平均で85%。別に実施した東京の調査(79%)に比べても高く、フィリピン・マニラやインド・ムンバイは100%近かった。

 また、「環境問題が今後自分の周りで重要になる」と回答した割合は、デリーの55%で最も多く、ソウル44%と続いた。07年調査はデリー20%、ソウル13%で、2〜3倍に急増した。

 15都市の平均で「非常に関心がある」と回答した環境問題は「飲料水汚染」「大気汚染」が多く、「地球温暖化」が続いた。特に中国の都市では、温暖化より大気や飲料水汚染への関心が高い傾向がみられた。

 実践している環境対策の1位は「省エネタイプの製品購入」で、「詰め替え商品の利用」「買い物袋の持参」が続いた。北京やムンバイ、香港などでは「多少高くても環境に配慮した商品購入」との回答が70%を超え、東京の31%に比べると顕著に高かった。

 同社研究開発局は「大気や土壌汚染など深刻な環境問題が身近になってきたためと考えられる。温暖化など地球規模の問題も、水や空気など生活に密着した環境問題と結びつけると理解を得やすい」と分析している。【下桐実雅子】

【関連ニュース】
前橋市:県相手に提訴 県立高校跡地の土壌汚染問題で
まちかど:宿舎用地以外でも土壌汚染調査要請 朝霞市、基地跡で /埼玉
築地市場移転:専門家ら参考人招致 19、26日に都議会委 /東京
前橋市:「身内」相手、異例の提訴 前工跡地問題などで /群馬
石原産業:地下水・土壌汚染 来年度、本格的に浄化 環境専門委に方針示す /三重

3月18日に新証人尋問…羽賀研二被告控訴審(スポーツ報知)
都議会参考人招致 築地移転で賛否(産経新聞)
「来るの遅い」と叱責=受注あいさつに小沢氏秘書−水谷側へ1億円要求・裏献金問題(時事通信)
「学校に爆弾」とメール送信容疑、中3男子逮捕(読売新聞)
首相、週末は地方視察(時事通信)
[PR]
by frjr7ynb2w | 2010-01-25 22:51
 偽の同和、右翼団体を名乗り、人権問題などに関する書籍を高額で売りつけたとして岡山県警は21日、出版社「エス・ビー・ビー」元岡山営業所長で現関西支店長の小鷹幾也容疑者(62)と同営業所勤務の社員6人、元社員1人の計8人を恐喝容疑などで逮捕、本社(東京都北区)、岡山営業所(岡山市)など14カ所を捜索した。

 逮捕容疑は09年2〜8月、実体のない政治団体を名乗って岡山や広島県内の会社など6カ所に電話をかけ、「うちには若い衆が大勢いる。若い衆を行かせようか」などと脅し、1冊5万〜6万円の人権問題の関連書籍を売りつけ、計28万円を脅し取ったとされる。【石戸諭】

【関連ニュース】
脅迫容疑:交際迫った学生逮捕 少女宅全焼 大阪
書籍恐喝販売容疑:えせ同和の出版社捜索 岡山県警
恐喝容疑:書籍の強引販売で出版社強制捜査へ 岡山県警
脅迫容疑:民主党本部に銃弾?入り封筒 テレビ朝日にも
火炎瓶騒ぎ:小沢氏宅近くの路上 男を逮捕

大阪で遺骨収集シンポジウム開催 野口健さんらが意見交換(産経新聞)
残業月80時間、マクドナルド社員の過労死認定(読売新聞)
谷垣氏が首相追及へ=衆院予算委で本格論戦スタート(時事通信)
<日本新聞協会>「ハッピーニュース」募集(毎日新聞)
大阪府内の私立高専願率が7年ぶりに上昇(産経新聞)
[PR]
by frjr7ynb2w | 2010-01-24 17:33
 任期満了に伴う北海道豊浦町長選が19日告示され、新人で元町議会副議長の石沢清司氏(60)=無所属=と現職で3選を目指す工藤国夫氏(65)=同=が立候補を届け出た。2人の一騎打ちとなる見込みで、過去2回は工藤氏が無投票当選をしており、選挙戦は12年ぶり。投票は24日で即日開票される。【新庄順一】

絵筆が癒やす伴侶の死 震災乗り越え、脳性まひの女性が個展(産経新聞)
【十字路】奈良・西大寺の名物行事「大茶盛式」(産経新聞)
大阪弁護士会新会長に金子氏(産経新聞)
杉本前財務次官は東大教授に(時事通信)
石川議員逮捕、一刻の猶予も許されぬと東京地検(読売新聞)
[PR]
by frjr7ynb2w | 2010-01-23 11:48
 10年度の大学入試センター試験は16日夜、初日の日程を終えた。最も受験者が多い外国語(筆記)には、志願者(55万3368人)の92.8%に当たる51万3267人が挑んだ。最終日の17日は理科と数学が行われる。

 新型インフルエンザの影響が懸念された今年、大学入試センターは最大5万人強が受験できない事態も想定していたが、16日までに病気やけがなどで追試受験の許可を受けたのは、全国で683人(インフルエンザが原因の受験生は426人)。2日間で231人が許可を受けた昨年を初日で上回ったが、大きな混乱はなかった。

 一方、5年目の英語のリスニングでは、今年もICプレーヤーの音声が聞き取りにくいなどのトラブルが相次いだ。176会場の198人が、試験終了後に他の機器で中断したところからやり直す「再開テスト」を受けた。また、東北文化学園大(仙台市)の会場では、体調を崩した受験生1人が別室で13分遅れでリスニング試験を受けた際、監督官が他の受験生と同じ時間に打ち切るミスがあり、30日に追試を受けることになった。【井上俊樹】

【関連ニュース】
センター試験:踏切事故で長野で開始遅れ
センター試験:今年も地元志向「就職を意識」
センター試験:初日に55万人 全国725会場
センター試験:725会場で16日から 55万人が志願
センター試験:インフル対策万全? 予備校、会場ピリピリ

胆沢ダムの下請け中堅ゼネコン捜索…陸山会事件(読売新聞)
路線バスと軽トラック衝突=東京・町田、14人軽傷(時事通信)
<人事>総務次官に岡本氏就任(毎日新聞)
<ヤミ専従問題>更迭された前秘書課長が復帰…農水省人事(毎日新聞)
トラフグ低温養殖で8割超が雄 白子の収量大幅アップ(産経新聞)
[PR]
by frjr7ynb2w | 2010-01-22 17:06
 厚生労働省は1月20日、ノバルティスファーマとグラクソ・スミスクライン(GSK)の新型インフルエンザの輸入ワクチンを特例承認した。両社とも2月上旬に国内での出荷を開始する予定。主に優先接種対象者以外の健康成人が接種対象となる。

 ノバルティス社製は、免疫増強剤(アジュバント)を添加した細胞培養型ワクチン。厚労省と契約した2500万回分をドイツ工場で生産済みで、既に日本に向けて1200万回分を出荷したという。有効期限は製造から6か月だが、「実施中の安定性試験の結果によっては延びる可能性がある」(広報部)としている。

 一方、GSK社製は鶏卵を使って製造され、アジュバントを混合して使用する。厚労省とは7400万回分の契約を結んでおり、カナダ工場で生産している。有効期限は18か月となっている。


【関連記事】
新型ワクチン余る公算、解約交渉も検討−長妻厚労相
輸入新型ワクチンを20日に初の特例承認
輸入新型インフルワクチンを特例承認へ―厚労省
ノバルティス製ワクチン「問題なし」―新型インフルで現地調査
欧州2社と新型ワクチンの輸入契約を締結―厚労省

「300日規定」損賠訴訟 原告の請求棄却 岡山地裁(産経新聞)
システム開発会社元会長、粉飾の疑いで立件へ(読売新聞)
首相の「どうぞ闘って」に不見識・不用意と批判(読売新聞)
桑田真澄さん父、火災で死亡(産経新聞)
センター試験前に必勝祈願、スパート(産経新聞)
[PR]
by frjr7ynb2w | 2010-01-21 19:50
 東京地検特捜部が小沢一郎民主党幹事長の元秘書の石川知裕衆院議員を逮捕したことを受け、自民党は18日召集の通常国会で小沢氏の責任を徹底的に追及する方針だ。鳩山由紀夫首相の偽装献金事件と併せて、民主党の「金権体質」に照準を定め、政府・民主党を追い詰めたい考えだ。
 自民党の谷垣禎一総裁は15日夜、「逮捕は極めて残念だ。不動産購入の経緯には小沢氏の関与があるとされており、側近らの逮捕でその先の大きな闇が解明されることを期待する」との談話を発表した。談話では「(野党側が)審議に応じられる前提として、政府・与党は十分な説明を果たすべきだ」とも強調した。
 また、自民党の田野瀬良太郎総務会長は取材に「カネまみれの金権体質で、かつての自民党を見ているようだ。小沢氏の問題そのものだ」と指摘。菅義偉元総務相は「小沢氏が真実を説明できなければ議員辞職が必要だ」と語った。
 公明党の山口那津男代表は記者団に「捜査は新たな段階に入った。一層、本人の説明が求められる」と、小沢氏に十分な説明を要求。斉藤鉄夫政調会長は「わが党なら即除名で、少なくとも議員辞職だ。民主党には自浄能力を求めていく」と批判した。
 共産党の市田忠義書記局長は「逮捕は当然だ。問題は資金の不記載にとどまらず、資金の出所にゼネコンからの提供の疑惑があることだ。国会での解明も要求したい」とのコメントを発表。みんなの党の渡辺喜美代表は記者団に「出処進退は自身が判断すべきだ」と述べた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

がん「患者必携」、5割超が「有料でもほしい」(医療介護CBニュース)
痴漢で起訴の愛知県職員に無罪…繊維鑑定シロ(読売新聞)
ゼネコンと密接関係=「裏献金」疑いも浮上−小沢事務所(時事通信)
空き地で女性死亡=上半身に刺し傷、雪に埋まる−北海道警(時事通信)
「西松事件で証拠隠し」=石川議員元秘書、自民会合で証言(時事通信)
[PR]
by frjr7ynb2w | 2010-01-21 02:10